読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年上さんと年下くん

9つ差の年下彼氏との絵日記がメインの雑記ブログ。結婚について不安になったり、時には疲れたり。それでもかわいいのです。雑記コンテンツは本当にジャンルを問わない雑記です。

年上さんと年下くん

【体験談】もやもやしがち!な年下彼氏とお金のこと

※今回マンガはありません。実体験をもとにしたテキスト記事なのでご注意を!

彼氏がお金を出さない?

f:id:chiimaro9:20161105174321j:plain

 1つ前に更新したマンガでは「デート代も割り勘で私にお金もないし!」と、お金目当ての交際でないことを主張しましたが、実はお金のことでもやもやしていた時期も。

その理由は、彼が一人暮らしの私の家で週の半分以上を過ごす半同棲」状態だったからです。

 

半同棲状態で金銭的にもやもやしたこと

生活用品の減り方が気になる

最も気になったのはシャンプーやボディソープの減り具合。使う人間が増えれば、そのぶん当然ボトルが空になるスピードもアップ。

「あれ?私いつの間にか何回もシャワー浴びるようになってたの?し●かちゃんデビュー?

という錯覚を覚えます。

 

平日夜の食材

交際当初は「気分は新婚さん★」とルンルンで率先して夕飯を作って帰りを待っていましたが、何せこちらはお金がない。割とすぐにそんな疑似新婚気分は吹き飛びます。

 

買ったばかりの食材が、予定より早く冷蔵庫から消えていく恐怖

そして一度「作って帰りを待っている」というスタイルを確立してしまった以上、なかなか言い出せない…といった負の鎖に縛られていきます。

もし遠距離交際で、本当にたまにしかお部屋デートができない、という状況だったら全力で作るとおもいますが…。

 

水道代の不安

2人が週の半分以上同じ家に住んでいたら、当然洗濯物は2倍!食器洗いも2倍!さらに家事負担も2倍!倍々ゲームに


水道代以外にも、洗剤の減り方については上述した「生活用品の減り方が気になる」との合わせ技。

基本料金内で収まるのか、ハラハラしたものです。

 

もやもやを解消するためにしたことは?

1.正直に話す

まずはじめに「私にはお金がない、だから今の状態は苦しい」と正直に打ち明けました。ここで納得してもらったうえで、次のステップに進んでいきます。

 

2.生活必需品も割り勘する

これまでずっとデート代は割り勘でしたが、シャンプーや洗剤などは私が個人的に買っていたため、別会計でした。

その2人で使う生活必需品をデート中に一緒に選ぶことで、割り勘会計に

彼は若いながらも余裕がある人なので、快くお金を出してくれてかなり負担が軽減されました。

 

3.平日の夕飯は各自で用意

もし結婚していて、かつ専業主婦の立場だったら許されないかもしれませんが、新しく「平日の夕飯は各自で」というスタイルを確立。

もともと彼の仕事のほうが多忙で帰りが遅く、待っていると空腹感がつらかったため、この腹減り問題も解消できて本当によかったです。

 

4.家事を手伝ってもらう

金銭的なもやもやとは関係ないかもしれませんが、洗濯物を干すことや「食事を作ったほうが食器を洗う」というルールを決めることによって、精神面がかなり楽に

お金も精神面の負担も減り、心から「手伝ってくれてありがとう」と言えるっていいですね。

 

まとめ

自分の金銭状況を正直に話したら、それまで悩んでいたことが嘘みたいに負担が軽減しました。

彼氏が大学生、という場合はまた違った状況になると思いますが、社会人として一定の収入がある彼氏なら、きちんと理由を話せば相応なお金を出してくれるはず

お金を出す・出さないで揉める前に相談することって大事だな、と年下彼氏が気づかせてくれました。

 

◆関連記事

toshishitakun.hatenadiary.jp

 

ランキング参加中!よろしければポチッとお願いします↓

ブログランキング・にほんブログ村へ 

スポンサードリンク